top > 教材・サポート > プライベートLINE(電話)サポート

MATERIALSTHE SECOND PERIOD

教材・サポート

02|あなたらしく学び、あなたらしく看護ができることを応援します!

プライベートLINE(電話)サポート

ユアナーシングのローザン由香里です。

 

 

プライベート電話サポート;おさらい看護過程講座受講生限定オプション

 

 

「看護師に向いてないかも」

がんばってもがんばっても、思うようにうまくいかないとき、諦めてしまいそうになることがあります。

 

「私、看護師に向いてないかも」

実は、これは、理想の看護師像があって、そんな看護師になりたい、という向上心の表れです。

 

うまくいかないことにも、正面から向き合い、悩むことのできるあなただからこそ、患者さんの痛みや苦しみがわかる看護師になれるのです。

 

 

 

 

不安を、少しでも自信に変えて実習に臨みたい。

自分らしく看護を学ぶ実習にしたい! そんなあなたのための電話サポートのご案内です。

 

 

 

*実習中のサポートは、お受けしておりません。私自身が、受け持ち患者さんや実習の実際の様子、事情などを把握できないことにより、適したお返事を差し上げられないことを懸念しているためです。ご了承ください。

 

 


 

  • これぐらいは自分でやらないと、と自分に言い聞かせて、誰にも頼らず一人で頑張っている
  • 一生懸命で、真面目。だけど、やってもやってもうまくいかない
  • 周りに気を使って、先生や指導者に相談したいけど、いつも自分は後回し
  • 頭ごなしに否定された経験から、先生や指導者に相談するのが怖い
  • みんなも大変なんだから、といつも自分は相談役、お世話役
  • 年上だから、経験があるからと言われることがプレッシャーで、聞きたいことが聞けない
  • どんなダメ出しも、自分が悪いから、未熟だからと、文句も言わず謙虚に受け止める
  • 先生のアドバイスの意味がわからないけど、先生には聞きにくい
  • 気になることがあると前に進めない
  • 納得しないと次に進めない
  • とにかく不安
  • 本格的な実習が始まる前に、看護過程や実習の不安、疑問を解消したい
  • 授業の課題を見直しながら、看護過程の復習をしたい

 

 

「大丈夫?誰かを頼ってもいいんだよ」と声をかけられたら、それだけで、涙が溢れてきそうなくらい、ひとりで頑張っている方へ

 

 

 

実習で「患者さんに必要な看護ができるようになりたい」

記録にも、他人にも振り回されることなく、看護ができる看護師になりたい、あなたのためのサポートです。

 

 

 

writing-828911_640

 

 

 

看護過程ができない理由(わけ)

 

情報を集めたり、アセスメントをしたり、アセスメントをもとに看護計画を立てたり、立てた看護計画を実施したり、評価したり、という「看護過程の展開」は、看護技術のひとつです。

 

 

 

ベッドメイキングと同じ、看護技術です。

 

 

 

基本的なやり方と、それを習得するための基礎知識を備えた上で、何度もなんども練習することで、かならずできるようになります。

 

 

 

なりますが、看護過程の展開が、ベッドメイキングのようにいかないのはなぜか?

 

 

 

やり方さえ覚えてしまえば、基本的には身体で覚えるベッドメイキングに比べて、看護過程の展開は、「考える力」がメインの技術だからです。

 

 

 

ベッドメイキングの技術の場合、どこをどうすると良いか、という課題は、ベッドを作る過程を見ていれば、すぐにわかります。

 

 

 

できあがったベッドだけでなく、作っていく過程を見ることで、課題点を見つけやすいということです。

 

 

 

hospital-736568_640

 

 

 

その一方で、看護過程を展開する技術の場合、どんなふうに考えて、その結論になったのかという過程ではなく、できあがった文章(結論)に対してアドバイスされることが多いため、「先生の言っていることはわかるけれど、だからといって、何をすればいいのかわからない」ということが起こりがちです。

 

 

 

妥当な結論を出すために大事なことは、結論を修正することではなく、結果として結論が妥当内容になるような、「考える過程を正すこと」です。

 

 

 

とはいっても、考え方というのは、千差万別。

同じ、ずれた結論になったとしても、改善点は、個人によって異なることが多いです。

 

 

 

だからこそ、個別指導が有効なのです。

 

 

 

 

看護過程ができる人とできない人の最大の違い

 

看護過程を展開するためには、

 

  • 展開するために必要な、患者さんにまつわる情報
  • 展開するために必要な、専門的な知識
  • 展開する方法

 

 

 

これらが、そろっていることが条件です。

 

 

 

看護過程を展開するために必要な条件とは、言い換えると、患者さんに必要な看護は何かを判断して、それを行うために必要な条件、ということです。

 

 

 

看護過程を展開できる人に共通することは、「どんな結論であろうと、その結論になった理由がある」という点です。

 

 

 

こう考えたので、こういう結論になりました、という、自分なりの判断がある、ということです。

 

 

 

そして、この判断をするためには、勘ではなく、思いつきでもなく、「病気を理解している」ことが重要です。

 

 

 

病気と関連付けて、結論を出すことができる、これが、看護過程のカギなのです。

 

 

 

が、解剖生理、病態生理などの専門的な知識は、日常生活動作を想像することと比べると、馴染みがないことから、難度が高いです。このことが、看護過程の展開をむずかしく感じる理由の一つとも言えます。

 

 

 

ということは、看護過程の展開に必要な、病気の理解ができれば、スムーズに看護過程を展開できる、ということです。

 

 

 

結果として「できない」と、理解力が悪い、飲み込みが悪い、センスがない、ひいては、向いていない、みたいに言われたり、思われたりすることがありますが、その解釈はあまりに短絡的ですし、厳密には間違っています。

 

 

 

「できない」というとき、ほとんどの場合、できない理由は「やり方を知らないから」なのです。

 

 

 

できない=理解力が悪い、という短絡的な解釈が成立するのなら、できない=教え方が悪い、が成立してもおかしくありません。でも、「できない」のは、いつ、どこでも、自分のせい、のように言われるのです。

 

 

 

そう言われてすっかり自信をなくした学生さんが、何人も私のもとに相談に来られました。実際には、ほとんどの学生さんが、「看護過程のやり方」を理解することで、看護過程の悩みを解決しています。

 

 

 

そして、悩みが解決することで、自信を取り戻したり、やる気が増したりと、充実した実習をしています。

 

 

 

ご利用者さまの声

 

 

先日はありがとうございました。 行動計画が書けない。実習で必ず行動計画が却下されてしまう、ということで悩んでいましたが、実習で、行動計画が却下されなくなったのには驚きました。即効性がありました。

結構厳しい先生だったので、本当に助かりました。 凄く分かりやすかったです。 どう質問したらいいか分からなかったが、上手に誘導していただき聞きたい事が聞けました。 実習でほとんど行動計画が却下される事はなくなり、実習が楽になりました。

 

 

 

私がこのサポートを利用しようと思ったのは、どうしても学校の教員の雰囲気が怖くて、 自分の思ったことを話せないと思ったことです。

出来ていると言われることで、とても自信がつき、進めていくことができました。 自分がどういう風に考えているのか聞いてもらえたので、ローザン先生に指摘された時、 どこが間違っているのか自分でも理解して、納得することができたように思います。

循環や排泄や栄養とは、何を見るのかを教えてもらうことで、何についてアセスメント しなければいけないのかを改めて考えることができました。

今の事例はまだ途中ですが、頑張って進めていきたいと思います。 三年生になったとき、私も記録のための実習をやりたくないと思い、今回利用しましたが、 利用して本当に良かったと思います。

 

 

 

直接先生のお言葉を聞け、指導して頂けたのでとても充実した内容でした。 1人では解決できなかったことだったので有難かったです(^^) やはり、(先生の)感情や情熱がひしひしと伝わってきて、 私自身やる気がみなぎってきたことが一番の収穫でした。

そのほかにもメールではすぐに聞けない内容や言い回しの難しいことなども、 先生が理解してくださり的確に指導していただけたことが大きいです。 本当にありがとうございました!!

 

 

 

今日は、ご指導ありがとうございましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ 先生の説明はとっても丁寧で分かりやすく、声も聞きやすいし楽しかったです。

うまく私が言えない部分も、先生が表現してくれて、 あぁーこうやって表現すればいいんだ!とか、説明の仕方などとっても学ぶことができました! (私も先生みたいになりたいなぁ。(^o^)/*)

また、疾患と食事の関連性や、私が分からなかった部分などの補足や、 解説などがあったおかげで、なるほど!!っと思うところがたくさんありました。

勉強って、分かるようになると楽しいんですね!! いつもはつらく感じたり、嫌になったりすることもあるのですが、 全然ツラくなかったです。むしろとっても楽しかったです!(笑) また次回が楽しみです。

 

 

 

先日はありがとうございました。 由香里先生と話すことで、先生の優しさと伝えたい!!という気持ちが伝わって、 さらにヤル気がでました。 素敵な機会を頂き、本当にありがとうございました(^^)

 

 

 

先生からは、たくさんアドバイスをもらったり、質問をされたりするんですが、言われていることがわかるようになりました。何を言われているのかわからない、何をすればいいのかわからない、というところからは、成長できたように思います。

 

 

 

お世話になっております。
昨日はご丁寧なサポートをありがとうございました。


サポート頂いたことにより、頭の中、気持ち等かなり整理出来ました。
由香里先生のお話は、的を得ていて納得できました。


又、記録の観察欄において「よいですね」と言って頂けた事で、
自分の記録に関する理解の方向が間違っていない事が分かり
本当に嬉しかったです。(幼稚な記録でお恥ずかしい限りですが。)


今年に入ってひと月、基礎実習に行きこれでもかと言う程叩かれました。
その結果、条件付き進級となり、この歳にもなって何をしているのだろう。と、
半ノイローゼ気味になりました。


今となっては、自分が見えていない所があったのだな。と、
ようやく消化できるようになりました。
やはり、若い時とは違って柔軟さが無くなっている気がします。


看護長から、今の私は看護から程遠いと言われています。
熱が出たから水枕しましょう。と言う一般的な見方だそうです。
看護は、熱が出た、何が原因で、いつからなのか、じゃあ薬を飲ませた方が良いのか、
そのままなのか・・・この様な見方が出来ていないのだそうです。


でも、昨日の由香里先生のお話から、一般的な基準を参考に
(書籍を参考にします。)患者の疾患に合わせながら
細かい視点 で見ていかれる(判断できる)目を
本実習中に養えるよう努力したいと思いました。


そういう目を養う為に実習させて頂いているのですよね。
最初から出来る訳がない。


又、お世話になるかと思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

お受けできるご相談内容

  • 看護過程に関すること
    • 看護過程の課題にまつわる悩みや疑問

 

  • 実習の準備、実習の振り返りに関すること
    • 実習記録にまつわること
    • コミュニケーションにまつわること
    • カンファレンスにまつわること
    • 実習に関連した学習にまつわること

【サポート可能な看護理論ほか】

ゴードン、ヘンダーソン、NANDA

 

【サポート可能な領域】

基礎看護学、成人看護学、老年看護学

 

【お預かり可能な資料について】

 

  • 実際に書いた記録についてのご質問、ご相談をご希望の方は、90分サポートをお選びください。A4サイズ5ページまで(最大1200文字/1ページ)間でお預かりが可能です。

 

 

*実習中のサポートは、お受けしておりません。私自身が、受け持ち患者さんや実習の実際の様子、事情などを把握できないことにより、適したお返事を差し上げられないことを懸念しているためです。ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

headphones-1599626_640

 

 

 

 

電話サポートの特徴、効果

  • 実習の評価、学校の立場などを気にせず、質問・相談できる
  • 「できていないこと」以外に「できていること」もわかり、安心や自信につながる
  • わかるまで、何度でも質問できる
  • 現在の状況を踏まえて、自分に合ったアドバイスをもらえる
  • アドバイスをもとに、実行できる方法の確認ができる
  • 質問や相談の方法を習得できる
  • 直接のやり取りの中で、表面的な問題ではなく、悩みの本質を探ります
  • 頭ごなしに否定する、アドバイスはありません

 

 

電話ならではのメリットは、

 

  • その場ですぐに解決策の確認ができる
  • 質問・相談内容の文章を形式ばった文章にする必要がない
  • 言いたいことを文章にできない、と悩まなくて良い
  • 文字から、相手の反応を探らなくて済む

 

 

 

 

こんな方におすすめです

  • 授業時間外、勤務時間外に質問、相談したい
  • 課題(実習)、職場とは直接関係のない人に話を聞いてほしい
  • 第三者的な意見が欲しい
  • 自分の状況に合わせた指導が欲しい
  • わからないことがわからず、何を質問・相談していいのかわからない
  • 質問や相談の仕方を学びたい
  • 表面的な解決策ではなくて、問題の本質を見つけたい
  • 問題や悩みを解決する思考を知りたい
  • 特定の項目ではなく、いろんなことを相談したい

 

 

  • メールでのやりとりはちょっとめんどう
  • 文章で説明するのが苦手
  • てっとりばやく疑問を解決したい
  • 話をしたい(話を聞いてほしい)
    音・声のほうが、アドバイスが入ってきやすい
  • 指導者さん、先生との関係づくりのシミュレーションをしたい

 

 

 

実習で困らないための、看護過程の基礎力をつけたい、という方のためのサポートです。「できるようになる」を目指して、現状を踏まえた上で「考え方、やり方」について主にサポートします。分で調べたり、取り組んだりするのがめんどうで、代わりに調べ物や、課題の答えを教えてほしいと考えている方には向いていません。

 

 

 

「行動できる自信がない」

考えたり、調べたり、今までにしたことのない取り組みに、不安を感じるのは普通です。だからこそ、最初は手を借りて、伴走してもらいながら、進んで行けば良いと思います。これは、特定の誰かの話をしているのではなく、何か新しいことを始めるときの、一般的な人間の心理です。

 

 

 

ただ、この不安を乗り越えるためには、あなた自身が行動する必要があります。私は、あなたの決断や行動を支え、伴走することはできますが、あれすればいい、これをすればいいと決断や行動を指示することはありません。実際に、考えて決めて行動するのは、あなた自身です。そして「看護師として、自分の意思で行動できるようになること」を心より願っているのは、あなた自身のはずです。

 

 

 

633959d1c397243781b44942f84c986d_s

 

 

 

アドバイスも、メッセージも、受け取るだけでは何の価値もありません。ただの言葉です。これを、あなたというフィルターを通して、あなたの意思で行動に変える、これこそが最速にあなたの悩みを解決することになります。その結果が「成長」だと考えています。

 

 

 

「とにかく欲しい。アドバイスも、答えも、安心感も、とにかく何かが欲しい。何でも欲しい」

自分で手に入れるための行動を起こすことなく、与えて欲しい。自分の頭も身体も使うことなく、与えてもらうことで悩みを解決したい、という方は、私は力になれません。私は、看護ができる看護師を育てることに貢献したいと考えているからです。受け身で悩みを解決したいという姿勢の人に、悩みと本気で向き合えない人に、病気で苦しむ人のケアができるとは思わないからです。

 

 

  

自信がなくてもいいです。うまくできなくてもいいです。間違ってもいいです。何度も質問してくれてもいいです。心配する必要はありません。これらのことをご自身で認めて、もっと上を目指すその姿勢の方が、どれほど価値が高いことか。誰に教えられたわけでもなく、そうした姿勢でいるご自身のことを素晴らしいと認めてください。もう一つ上のステージに行く準備ができていると、認めてください。あとは、行動するだけ。「やると決めて、実際にやる」悩みを解決する方法は、実はとてもシンプルなのです。

 

 

 

「看護ができる看護師になる」

プライベート電話サポートでは、自分の意思で行動できる看護師になる、と、心の準備ができたあなたの行動が加速するように、より効率的に成果を出せるように、あなたに合わせたサポートを提供させていただきます。

 

 

 

 

  

お申し込みについて

  • サポート方法 LINE、またはスカイプでの通話
  • サポート時間 45分 または90分
    • 初めての方は、現状についてのお話をうかがう時間を頂戴するため、90分をおすすめします。
    • 添削サポートは、90分サポートをご利用の方のみとなります。
  • サポート日時 予約専用カレンダーをご参照ください。ご予約は、最大で1ヶ月先まで可能です。

 

予約カレンダーはこちらから

 

 

  • サポート対象 看護学生、看護師(看護過程を学んでいる方、教えている方ともに)
  • サポート料金
    • 看護学生 45分;6000円 90分;10000円
    • 看護師  45分;9200円 90分;15000円
  • お支払い方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal)

 

 

1、該当する、ご希望のサポートをお選びください

2、「お申し込みはこちら」ボタンをクリックしてください

3、お申し込みページに移動します

4、お申し込みページに、必要事項をご記入ください

 

*ご登録メールアドレスが誤っている場合、お申し込み完了をお知らせするメールをお届けできません。ご登録事項は、お間違えのないようご注意ください。

 

*実習中のサポートは、お受けしておりません。私自身が、受け持ち患者さんや実習の実際の様子、事情などを把握できないことにより、適したお返事を差し上げられないことを懸念しているためです。ご了承ください。

 

【学生45分】初めてのご利用の方は90分をお勧めします。
お申し込みは、こちら

 

 

【学生90分】
お申し込みは、こちら

学生90分を、2回以上まとめてのお申し込みを希望される方は、お手数ですが、下のお問い合わせフォームからお知らせください。

 

 

【看護師45分】初めてのご利用の方は90分をお勧めします。
お申し込みは、こちら

【看護師90分】
お申し込みは、こちら

 

  


ご注意(かならずお読みください)

  • サポート時間の空き状況について、予約カレンダー上でお知らせしております。ただし、ご予約のご連絡後、手動でカレンダーに反映させていただいておりますため、ご連絡をいただく時期によって、ご確認いただいた空き状況と、お返事差し上げるときの空き状況が変更していることがあります。ご了承ください。できるだけご希望に沿えるよう、第3希望までお聞きしております。
  • サポート日程調整後、ご予約時間前に限り、やむを得ないご事情による日程の変更・キャンセルが可能です。(ご変更日が未定の場合、一旦キャンセルとさせていただきます。お客様の大切な資産を、当方で管理できないためです)キャンセルの場合、キャンセル料として料金の10%を頂戴します。(ご返金のための振り込み手数料を含む)無断でキャンセルされた場合(事前にご連絡いただけなかった場合)、料金の全額をキャンセル料として頂戴いたします。十分にご検討の上、お申し込みください。無断キャンセルされた場合、その後のお申し込みをお断りしております。ご了承ください。
  • お申し込みのご連絡は、お申し込みお手続き後48時間以内に行っております。それ以降になっても、ご連絡をお受け取りになられていない場合、大変お手数ですが、お問い合わせくださいますと幸いです。

 

お問い合わせはこちらから

 

お申し込み、お問い合わせ後の返信は、info@yournursing.jp からお送りいたします。

 

 

 

 

 

 

教材・サポート一覧へ

PAGE
TOP